Wi-Fiってな~に?

Wi-Fi(ワイファイ)ってなに?

「Wi-Fi(ワイファイ)ってなに?」と聞かれて、即座に正しく答えられる人はどれぐらいいるでしょうか。

「Wi-Fi(ワイファイ)モデル」、「Wi-Fi(ワイファイ)対応」、「Wi-Fi(ワイファイ)利用OK」など、近年よく見聞きする「Wi-Fi(ワイファイ)」。
なんとなくはわかっているし、便利そうなのはわかっているけれど、実は利用したことがなかったり、なんのことかさっぱりだったり、そもそもなんて読むのかわからない人が、実はいるのではないでしょうか。

そんな人のために、ここではWi-Fi(ワイファイ)について、わかりやすく簡潔にご説明します。

Wi-Fiは無線LANの名前

Wi-Fiは、「インターネットをケーブルなしで利用できる技術」

Wi-Fi(ワイファイ)は簡単に言ってしまえば、「無線LANの名前のひとつ」です。
そうなると「無線LANってなに?」っていう話になりますが、無線LANというのは「インターネットをケーブルなし、つまり無線で繋げる技術」のことです。 別の言い方で「ワイヤレス」なんて言ったりもしますね。その昔、電話機の受話器からコードがなくなったものを「コードレス」なんて言ったりしましたが、同じような意味合いです。

さて、話を戻しますが、「Wi-Fi(ワイファイ)」というのは、その「インターネットをケーブルなしで繋げる技術」の中で、Wi-Fi Allianceという業界団体が「優れた技術、機器」のみに与えた名称です。
無線LANが世に出回った頃、無線LANの機械は同一メーカーのものでも接続が相互保証されておらず、ユーザーは新たなデバイスを買う度に古い無線LAN機器と接続ができるかどうかを確認しなければいけませんでした。
そんな中「予め相互接続ができることが保証された商品」に対して名付けられたのが「Wi-Fi(ワイファイ)」なのです。
日常生活では「インターネットに繋げるための無線LANの名前」ぐらいの感覚で問題ないでしょう。

Wi-Fiって誰でも簡単に使えるの?

Wi-Fi子機(ノートPC、スマホ、タブレットetc)

無線でネットワークにアクセスしてインターネットを利用する端末のことです。
Wi-Fi(ワイファイ)子機には、ノートPC、スマートフォン、タブレット端末、ゲーム機器などがあり、現在世の中で販売されている多くの電子機器がWi-Fi(ワイファイ)に対応しています。

Wi-Fi親機

スマホなどのWi-Fi対応端末(Wi-Fi子機)からのアクセスを受け付けて、端末(子機)同士を接続したり、有線を利用しているネットワークと接続したりする機器です。
外部のネットワークと接続するルータ機能を搭載した「無線LANルータ」(Wi-Fiルータ)という機器もあります。
一般的にはWi-Fi親機を用意するだけでWi-Fi(ワイファイ)を利用することができます。

このWi-Fi親機は、購入することも できますし、カシモバなどのレンタル業者からレンタルすることもできます。
2つの機器が揃えば、誰でも簡単に無線インターネットを楽しむことができます。

Wi-Fiってどんなところが便利なの?

Wi-Fi(ワイファイ)はワイヤレスでインターネットを利用できるので、屋内外問わず、いつでもインターネットを楽しむことができます。

例えば家の中で…

リビング、自分の部屋、キッチンなど、家の中の様々なところでインターネットを利用することができます。また、Wi-Fi(ワイファイ)は同時に複数の端末で接続することができるので、家族全員でインターネットを楽しむことができます。煩わしいコードもないので、室内が綺麗に見えます。

例えば自宅・外出先で…

モバイルWi-Fiルーターを利用すれば、家の中でも外でも、いつでも好きな時にお好きな端末でインターネットを利用することができます。モバイルWi-Fiルーターは旅行時や出張時には非常に便利です。

例えば家の中と外で…

インターネット事業者が屋外にWiFi親機を設置している無線LANスポットを利用すれば、駅やカフェなどでインターネットを利用できます。電話回線で接続するよりも高速なので、大容量のアプリや動画もサクサクダウンロードでき、快適にインターネットを利用できます。

関連リンク・メニュー

  • 初めての方
  • レンタル商品
  • ご利用の流れ
  • よくある質問
ページトップ