カシモバ最新情報や、Wi-Fi・モバイル関連の豆知識、耳より情報、スタッフのひとり言などをお届けします!

2016年04月25日

第4の夜明けを迎えたWi-Fi

昨今、Wi-Fiが登場してから、Wi-Fiを使って画期的な商品や公衆Wi-Fi等、現代の通信環境は各段に

便利でとても身近なものとなりました。

そんなWi-Fiが現在、第4の夜明けを迎えたそうです。

今、Wi-Fiには以下のような状況が起こっているようです。

公衆Wi-Fiでは、通信事業者(キャリア)が提供するWi-Fiや、無償Wi-Fiがさらに拡大する

プライベートWi-Fiでは、企業向けWi-Fiの導入が本格化するとともに、家庭内では、Wi-Fiを搭載した家電なども増えていく

IoT(モノのインターネット)時代の到来により、これまで以上にあらゆるモノがワイヤレスでインターネットにつながるようになるとともに、ドローンやロボット、自動車など、Wi-Fiが使われる新しい領域が増える

とりわけ公衆Wi-Fiの拡大を後押ししているのは、外国人旅行客の増大だそうです。現在、Wi-Fiスポットは70万か所に上るそうです( ;∀;)また、政府のWi-Fi予算額も多いそうで。。かなり力を入れていることがうかがえます。

Wi-Fiを使ったサービスや商品は特にアメリカの勢いが凄まじいそうです。

Googleは2015年8月に、12本のアンテナを内蔵したWi-Fiルーター「OnHub」を発表したそうです。12本もアンテナを内蔵しているとは( ゚Д゚)

一方である懸念もあるそうです。Wi-Fiと組み合わせることで、LTEのみを使うよりははるかに低価格に料金を設定できるけれども、これが実現するとキャリア各社がいままでのようにいられなくなることが予想されるそうで、日本にもこうしたシステムが上陸する可能性は十分にあるようです。Wi-Fiが通信の様相を変えるといっても過言ではないですね。

IoT向け無線LANの規格として注目されているのが、IEEE 802.11ahだそうです。しかしひとつ問題がありIEEE 802.11ahは、米国の規制をベースにして作られているので、それを他国で使おうとすると、どうしても問題が出てくるそうです。日本で利用する場合も、現行の920MHz帯の利用制度(電波法)の一部を改正した方が望ましいとされているそうです。

日本だけでなく世界的な視野で見た場合、IEEE 802.11ahが使用する周波数帯域が、国によってわずかに異なっていることも、課題として挙げられるようです。世界のどこでも2.4GHz帯および5GHz帯で使えるWi-Fiに比べ、IEEE 802.11ahは違う。そのため、規制も国によって異なるケースがあり足かせとなるみたいです。

Wi-Fi Allianceは、IEEE 802.11ahを実装した製品を「Wi-Fi HaLow」として認証するプログラムを推進していて、最初のデバイス認証が完了するのは、2018年になる見込みだが、最終的な認証テストを終えていない先行デバイスが、それ以前に市場に登場する可能性もあるようです。

とても複雑化しているWi-Fiですが、Wi-Fiを使って世の中がもっと便利になることを期待しています。

<参考URL>

http://eetimes.jp/ee/articles/1602/16/news051.html

2016年04月23日

データ流出を事前に防ぐSAKOKU

昨今、企業や個人でデータ流出b5f382a9377ea9998fc6a0d22cdccdf6_sのニュースが度々あり、セキュリティーの重要性が高まってきています。

プラネックスコミュニケーションズが4月21日、Wi-Fiセキュリティユニット「SAKOKU MZK-1200DHP-SK」を発売したそうです。

本来、ファイヤーウォールは、外部からの通信を許可したもののみ通す製品ですが、SAKOKUはファイヤーウォールを逆にして、内部からのデータ通信を許可したもののみ通過させるという画期的なものです。

端的に言えば、自宅や会社のルーターなどと組み合わせてデータを流出させないためのユニットだそうです。

国や地域単位で指定できる送信先ブロック機能を備え、国立研究開発法人 情報通信研究機構(NICT)の公開するインターネット危険国・地域のリストを用い、該当国への送信をブロックさせるという強力なセキュリティだとか。またホワイトリストを作成し、許可されたデバイスから、許可する送信先への通信のみ通過させることも可能というまさに優れもの。

さらにブロックした送信元情報と送信先情報を見ることができるため、セキュリティ情報を確認すればどのデバイスからどこへ情報を流出させようとするマルウェアの存在を確認、追跡できるそうです。

世界情勢が目まぐるしく変化する中で、このような画期的な商品がこれからどんどん出てくる世の中になってくるのだなと思った記事でした。

<参考URL>

http://ascii.jp/elem/000/001/153/1153456/

2016年04月16日

九州地方で公衆無線LAN開放中

この度の、平成28年熊本地震で被害に遭われた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。皆様の安全と被災地の一日も早い復旧をお祈りいたします。

もうご存知かと思うのですが、NTTドコモとKDDI、ソフトバンクの大手キャリア3社は、4月14日に熊本県を震源として発生した地震に伴い、熊本県内または九州地方で、各社が提供する公衆無線LANサービス(Wi-Fiスポット)を無料で開放したそうです。

SSIDは「00000JAPAN」(ファイブゼロジャパン)。ゼロの数は5つです。

無料開放されているエリアは各社により状況が異なりますが、熊本県内または九州地方で、ドコモの「docomo Wi-Fi」、KDDIの「au Wi-Fi SPOT」、ソフトバンクの「ソフトバンクWi-Fiスポット」を無料で利用できます。

また、契約しているキャリアは関係ないそうです。「00000JAPAN」というSSIDが見つかる(通信できる)場所であれば、無条件でスマートフォンやタブレット、PCなどで接続し、Wi-Fiによるデータ通信を行えるようになっているそうです。

接続手順は、スマートフォンやPC、MacのWi-FiをONにし、SSIDで「00000JAPAN」を選択するだけ。非常用ということもあり、パスワードは掛けられていない設定だそうです。なお、「00000JAPAN」と、SSIDの頭に5つのゼロが付くのは、SSIDの一覧で上位に表示されるようにする意図になっているそうです。

被災地では、携帯の充電もままならない状況だとニュースで拝見しております。

まずは、身の安全を確保したうえで、安否確認を無料Wi-Fiで使っていただけたらと思います。

今後、被災に遭われた方々に、カシモバでも何か微力ながらお力になれる情報を発信していけたらと存じます。

<参考URL>

 http://japanese.engadget.com/2016/04/15/3-lan-ssid-00000japan/

2016年04月08日

Wi-Fiにつながりやすくなるアンテナ付iPhoneケース

Wi-Fiの電波49dd9de475cf780072bea4380400be6d_sがあと1本足りないとき、もう少し電波が強ければと思うときありませんか。

今日は、そんな時に重宝なツールをご紹介したいと思います。

装着するとWi-FiにつながりやすくなるというiPhone SEケース「LINKASE」が登場しました。プラネックスコミュニケーションズが取り扱っているそうです。

iPhone SEは、Wi-Fiアンテナを本体上部に内蔵しており、その背面に「EMW(electro magnetic waveguide)」技術を用いた外部アンテナを接触させると、Wi-Fiの到達距離が改善し、高速で通信できる範囲を拡大できるそうです。

外部アンテナはスライドさせて伸縮可能でWi-Fiにつなげるときは長く引き出し、使わないときは縮めておけます。オープン価格ですが、Amazon.co.jpでは2,000円前後だそうです。

iPhone SEだけというのが難点ですが、これからどのスマートフォンやタブレットでもこのような便利なツールが増えればいいなと思います。

<参考URL>

http://internetcom.jp/200519/iphone-se-case

2016年04月04日

パスワードなしでWi-Fi利用できる?

現代において、Wi-Fiを接続するのに、パスワードを入力しないと使えないものが主流です。

MITコンピュータ科学・人工知能研究所の技術者チームによって作られたChronosという技術を紹介します!

Wi-Fiに接続しているユーザーがどこにいるのか把握できるというものらしいです。かなり正確な位置を検知できるということで、パスワードは不要になるのではという話も出ているようです。

この技術は、Wi-Fiの信号の「飛行時間」から、ルーターとデバイスの距離を計算するそうです。

ルーターの近くにいればユーザーはすぐに信号が届き、遠くにいれば遅くなるという単純な話だとか。

実際の開発は、複雑で困難だったみたいで。。Wi-Fiは物に当って跳ね返りながら移動するので最短ルートを割り出すのに

大変苦労されたそうです( ;∀;)

既存のWi-Fiの位置情報把握システムより20倍も正確であると発表されており、これによってユーザーが屋内か屋外か何方にいるかまで出せるそうです。

さらに同じ技術を使ってドローンとパイロットの間で一定の距離を保つことにも成功したようです。

カフェなどお客さんにだけWi-Fiを提供したい所ではパスワードをなくすこともできるとチームは考えているようです。ユーザーが指定された空間にいるかどうかをルーターが探知して、アクセスを承認する。そんなシステムが実用化されるかもしれません。

近い将来応用で、Wi-Fiを使って暖房や冷房を調節することも可能かもと研究チームは考えているようです。

Wi-Fiの進化は日々すごいなとまざまざと思った内容でした☆

<参考URL>

http://www.gizmodo.jp/2016/04/wi-fimit.html